じぶん書店

懐古書店

太宰治特集

特集推しコメ

生涯芥川龍之介のファンであった小説家、太宰治。 彼の代表作「走れメロス」、女性・男性作家が選んだ彼の作品達、 彼を彼たらしめているものを垣間見ることができるであろう「芥川龍之介と太宰治」を収録。 純文学は教科書だけでは勿体無い。

ハッシュタグ

    #太宰治 #芥川龍之介 #走れメロス #純文学

走れメロス 太宰治短編集

太宰治・西加奈子・浅見よう
| 書籍

暴君ディオニスを殺そうとして死刑を言いわたされたメロスは、妹の結婚式に出るために、親友のセリヌンティウスに身代わりになってもらう。「3日以内に戻ってくる。」という約束のもと、40キロはなれた家へ向かったのだが、再び市へと戻るべく走るメロスの前に、次々と困難がおそいかかる--。表題作のほか、「ろまん燈籠」「黄金風景」「新樹の言葉」「葉桜と魔笛」「善蔵を思う」「佳日」の全7編を収録。

女性作家が選ぶ太宰治

太宰治・江國香織・角田光代・川上弘美・川上未映子・桐野夏生・松浦理英子・山田詠美
| 書籍

「ほとんど奇跡のような成り立ち方をしている」(川上未映子選「古典風」)、「彼自身が、ひとつの作品」(桐野夏生選「思い出」)、「この甘やかさに浸らずにいられない」(松浦理英子選「秋風記」)――七人の女性作家がそれぞれの感性で選ぶ、未だかつてない太宰短篇選集。

男性作家が選ぶ太宰治

太宰治・奥泉光・佐伯一麦・高橋源一郎・中村文則・堀江敏幸・町田康・松浦寿輝
| 書籍

「この作品が自分は一番嫌いだ」(奥泉光選「道化の華」)、「不思議な明るさに包まれた怯えの百面相」(堀江敏幸選「富嶽百景」)、「『男性というものの秘密』を知っている作家」(松浦寿輝選「彼は昔の彼ならず」)――七人の男性作家がそれぞれの視点で選ぶ、他に類を見ない太宰短篇選集。

虚構の彷徨 ダス・ゲマイネ

太宰治
| 書籍

左翼運動への裏切りと鎌倉海岸での心中未遂、縊死未遂の告白を軸に、小市民的モラルを否定しながらも惨落と自負の意識に痛ましく引き裂かれていく青春の日々、その絶望の乱舞を、道化の言葉でつづった、「道化の華」「狂言の神」「虚構の春」という、いわゆる『虚構の彷徨』三部作。他に、芥川賞落選で精神的に追い込まれた同時期に書いた「ダス・ゲマイネ」も併録。

芥川龍之介と太宰治

福田恆存
| 書籍

対照的な文学的軌跡をたどりながら、最終的にはともに自死を選んだ芥川龍之介と太宰治。「近代的自我」の問題を問うた福田恆存が、その問題意識から二人の傑出した作家に見出したものは何だったのか。初期の作家論を代表する「芥川龍之介I」をはじめ、戦後に書かれた「芥川龍之介ll」、太宰の死の前後に書かれた二つの評論を所収。独自の視点で描かれた傑作文芸評論集。